Q15:漢方薬はなぜ多くの医師に無視されているのでしょうか?

日本の医学部においては、漢方理論や漢方薬の使い方に関する教育は殆ど行われていません。漢方薬の知識が乏しいため、偏見や誤解をもってしまうのは仕方ないかもしれません。

病気のコントロールを目指す西洋医学では、特効的な効き目をもつ作用の強い薬品が上等な薬という判断基準があり、医者の多くはそのように考えています。従って、作用が穏やかで、何が効いているのか、どのように効いているのかが判りにくい漢方薬は、健康食品や民間薬と同じレベルに考えてしまいがちで、薬として認めない医者が多いと思われます。

しかし、作用が穏やかで、体の抵抗力や治癒力を活用して病気を治していこうという漢方治療の考え方が、西洋医学専門の医者の間にも次第に理解されるようになってきています。

このページのトップへ