Q8:煎じ薬の方がエキス剤より効く理由は?

煎じ薬とエキス剤との差は、煎れたてのコーヒーが香りや味においてインスタントコーヒーより優れている事と似ています。多くのエキス製剤の効果は煎じ薬と90%以上の同等性があると考えられていますが、煎じた液を粉末にする時に、蒸発しやすい成分(精油など)が一部失われる可能性があるので、エキス製剤の種類によっては煎じ薬に比べて効果がかなり劣る場合があります。

さらに煎じ薬とエキス剤の違いは、オーダーメイドの服と既製服の違いとも似ています。症状の程度や体力・体質に応じて、さらに服用したあとの体の反応に応じて、自分にぴったり合った薬を作ることができる点が、煎じ薬の方がエキス製剤より効果を発揮しやすい理由でもあります。

このページのトップへ